Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホメオパシー講座 開催します。

かなり更新をさぼっていましたが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、セミナーもずいぶんご無沙汰していましたが
3/5(土)に開催することになりました。

今回の会場は、
私の親友がこの1月からご実家の飲食店の空き時間に
カフェをすることになり、
その時間帯にセミナーで使ってくれていいよとお誘いいただき、
早速、お借りすることにしました。

親友のご実家の一品料理 ひらのさんは創業32年、
大阪の藤井寺市で地域の皆さんにとても愛されているお店です。
私も高校生の頃にアルバイトさせていただいたことがあります。

そんな懐かしい思い出のある場所で
ホメオパシー講座をさせていただけることに感謝しています。

今後、こちらでは定期的に開催させていただく予定ですので
ご参加お待ちしています。

お申し込み・お問い合わせ
クラシカルホメオパシー和み ~nagomi~
スポンサーサイト

勉強嫌い同士で勉強することの効用

最近、中学2年の息子くんの勉強につきあっている。


私が中学生だった頃、勉強が大嫌いで

『 なんでこんなことせなあかんねん 』 と思っていたので

授業中もうわの空 ( 思考が勝手にどこかにいってしまう^^; )

テスト勉強もろくにしなかったので当然成績も悪く、

特に数学が大嫌いで自分には算数・数学機能がないと思って

これまで生きてきました。

がっ!

ここにきて、はじめて数学がおもしろい!と感じるようになりました。 ( ありえない!! (゚д゚lll)


私と同じく勉強が大嫌いな息子くん。 日々、お尻を叩いてやらせるのにひと苦労です。

息子くんが連立方程式を解いているのをみているうちに、

なんか私もやりたくなってきて、教科書の解き方をみてやってみたら

解けるっ!おもろっ! となって、どっちが早く正解を出すか競ったりして、

いつの間にか息子くんも私も数学をする時間が好きになっています笑


時々、つまずく私に息子くんが解説をしてくれる姿をみて、

どっちが教えてるんよ?!笑 と娘ちゃんがつっこんでくる。


『 え?私は一緒にやって刺激を与えてるだけやで。 』 『 へぇ・・新しいな?!笑 』

なんて やり取りをしつつ、ふと、

これもある意味ホメオパシー的かな・・と思いました。


勉強をしない息子くんに 『 勉強しなさい 』 と言い続けても 逆効果だったけれど、

『 勉強嫌い同士が一緒に問題を解く 』 という形が息子くんには

思いがけず効果的でした。  しかも、

『 今日はこれやろか! 』 と 自ら取り組む姿勢が見られたり、

更に私に解説することで、自身の理解度も深まる上に自信もつく

というおまけまでついて(๑≧౪≦)

どこまで私がつきあえるか( ついていけるか ^^; )はわかりませんが、

可能な限り続けようと思います(^-^)

7/9 ホメオパシー入門講座開催します。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いします ↓

                クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~

慢性的な症状の改善には

先日、継続的な胃の痛みが続いているのを感じて

なんでかなぁ・・と考えているとハッと思い当たったことが。

貧血への対処に飲んでいた鉄剤の副作用じゃないか?!と。


ホメオパシーに出会ってからは市販の薬は摂らなくなっていましたが

歯科の定期検診で歯のすり減りがみられると言われたり、
(氷食症による氷の食べ過ぎ^^; )

髪の毛、爪の劣化があまりに激しくて結構悩んでいたこと、

家の階段を上がるだけで、はぁはぁと息が上がる ということから

長期にわたる貧血状態がたたっているのかも?と思って

久しぶりに鉄剤を飲み始めたのです。


すると、息が上がるのは随分と楽になり、

爪もほんの少し強くなってきているし、

髪の毛は・・まぁ、生え変わりのサイクルが長いので

もう少し経ってみないとわかりませんが

やっぱり足りないものを補うって大事やわ!

と実感していた矢先に胃痛が出てきてしまいました。


ここが薬の難点なのですよね。。

薬には副作用がある・・というか、副作用と言われるものも

本来はその薬の作用の一部ですから、

特定の症状に対するその薬の有効な作用だけを

使い続けるわけにはいかないわけで。

長く使えば当然、他の不都合となる作用の影響も

及んでくるということになりますよね。


となると、慢性症状の改善には

やっぱりホメオパシーかなってことになってくるわけですが、

貧血など身体が正常に機能するために必要な栄養素不足からの

不調の対処にはホメオパシーのレメディーよりも

ティッシュソルトの方が良いかなと思います。


ホメオパシーのレメディーの仕事は、

栄養素を吸収しにくい状態の改善をしていくことが担当なので、

欠乏しているミネラルを補うことで不調が改善される状態には

体内組織に取り込まれやすい濃度に希釈してあるティッシュソルトを

摂る方が適していると考えられるからです。


そんなわけで、鉄剤をやめてティッシュソルトに切り替えたら

すぐに胃痛はなくなりました。

胃痛の原因は、やっぱり鉄剤だったということかな。


ホメオパシーから派生したティッシュソルト療法。

こちらも奥深く、興味深い世界なので

また折に触れて書いていきたいと思います。


7/9(木)ホメオパシー入門講座を開催します。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いします ↓

                  クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~

人生初の試練の時期

私の妹の3歳の娘がこの春、幼稚園に入園しました。

4月のGW前から体調を崩して、つい最近まで熱の上がり下がり、

激しい咳と鼻水ズルズルが続いていました。


最初、プルサティラを奨めてうまくいき、登園できるようになったけれど、

咳がひどくて夜に何度も起きるから熟睡できないので

咳をなんとかしたいと妹がいうので、咳に対処するレメディーを提案したら、

咳の回数が減り夜も眠れるようになって喜んでいたのに、数日後、

幼稚園でまた発熱をして早退。

そこから昼間は微熱、夜は38℃代の熱が出たりすので

念のため小児科受診をしましたが、これといって診断はつかず。


この間に、熱・咳・鼻水に対してレメディーを数種類使いましたが、

一進一退を繰り返すので、いったん原点に戻って、

何が姪っ子ちゃんのエネルギーを奪っているのか?で考えたとき、

やっぱり、入園してからママと離れて一人で頑張っていることかな?!と思って、

レメディーを再びプルサティラに戻しました。

妹の話では、機嫌良く登園してるけど夜中に寝言で、

『せんせぇ~、できました~』っていいながら泣いたりしているらしいので(笑)


すると、翌朝には熱が引き、園をお休みしている間はずっと、

『 幼稚園には行かないっ! 』 と言い張っていたのに、

起床後、自分から準備をしてあっさり登園したと連絡が!?笑

しっかり安定するまではプルサティラでサポートを続ける予定です。


プルサティラがマッチするタイプは、甘えん坊で慣れない状況ではママから離れず、

感情的にもとても繊細で敏感。 

その敏感さがすぐに身体症状となって現れ、症状がコロコロと変化します。

こういうタイプには局所的な対処よりも全体像でレメディーを選ぶほうが

このレメディー1つで全ての問題をクリアできるかもしれません(^^)


7/9よりホメオパシー入門 & セルフケア講座 全5回をスタートします。

セルフケア講座では、子育てに役立つ基本的な6つの体質レメディーを

学ぶ回があります。

これを知ることでママの気持ちが楽になり、子育ての悩みも軽減されますよ。

詳細はこちらからお願いします ↓

      クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~

今年の花粉症対処を振り返って

花粉シーズンもそろそろ終盤ですね。

わが家では、娘が花粉症状が出るのですが、

ホメオパシーに出会ってからは、

ひどい症状に悩まされることはなくなっていたのですが、

今年は数年ぶりにひどい症状が出ました。

原因は、オーバーワークによる過労のせいだろうと思います。


現在、娘は短大の2年生ですが、

短大はカリキュラムがつめつめで朝から夕方まで授業があり、

帰宅後もたくさんの課題と、

幼児教育学科なのでピアノの練習もとてもハードです。


昨年の秋から幼稚園実習が始まり、

実習先では てんてこ舞いで一日頑張って、

帰宅してからも、休む間もなく深夜までレポート作成、

翌朝は6時前に起床してピアノの練習をしてから登園、

という生活がしばらく続きました。


今年のお正月明けに実習園でインフルが蔓延していた中、

3週間それをやった後、少し経って次は、

児童養護施設での10日間泊まり込みの実習。。


元々、あまり体力がない上に、頭痛・腹痛・微熱・めまいなど、

何かしらの症状をしょっちゅう出す子なだけに、

やりきれるか心配でしたが、

なんとかこなすことはできました。


でもこの間にも、頭痛や微熱がよく出ていたので、

その都度、根本レメディーで対処していたけれど、

今年、激しく花粉症状がでたことと、根本レメディーをこれだけ摂っていても

頭痛や微熱の頻度が多いことから、ポテンシーを上げてみました。


すると、花粉症状はすぐに落ち着き、頭痛も起きなくなり、

施設実習後には気が抜けて絶対、熱出して寝込むわ と本人も私も

思っていたのに施設から帰宅した翌日、軽い頭痛は出たものの、

その後も体調を崩すことなく安定していて、

最近では体力的に余力があるのを感じています。


更に驚いたのが、このオーバーワークのせいからか、

生理が4カ月 止まってしまっていたのが

このレメディーを飲んで数週間後に生理が来て、

その後は順調に来るようになったことです。


その他の体質的な変化やメンタル面にも大きな変化がありましたが、

これについて書くと とても長くなるので今回は書きませんが、

要するにレメディーは合っていても、

その人にとって適切なポテンシーでないと、

うまく機能しないということが とてもよくわかりました。


娘の花粉症対処がキッカケで

根本レメディーによる めざましい変化を間近で見ることができ、

根本レメディーのパワフルさには、改めて感動しています。


自分の根本レメディーを見つけるにはセッションが必要です。
セッションのお問い合わせ・お申し込みはこちらからお願いします ↓

              クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~
      
       

Appendix

プロフィール

Author:nagomi
クラシカルホメオパシー京都卒業

ホメオパシーのことを中心に、
ときどき日常を織り交ぜながら
思ったこと感じたことなどを
綴っていきたいと思います。

最新記事

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。