Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強嫌い同士で勉強することの効用

最近、中学2年の息子くんの勉強につきあっている。


私が中学生だった頃、勉強が大嫌いで

『 なんでこんなことせなあかんねん 』 と思っていたので

授業中もうわの空 ( 思考が勝手にどこかにいってしまう^^; )

テスト勉強もろくにしなかったので当然成績も悪く、

特に数学が大嫌いで自分には算数・数学機能がないと思って

これまで生きてきました。

がっ!

ここにきて、はじめて数学がおもしろい!と感じるようになりました。 ( ありえない!! (゚д゚lll)


私と同じく勉強が大嫌いな息子くん。 日々、お尻を叩いてやらせるのにひと苦労です。

息子くんが連立方程式を解いているのをみているうちに、

なんか私もやりたくなってきて、教科書の解き方をみてやってみたら

解けるっ!おもろっ! となって、どっちが早く正解を出すか競ったりして、

いつの間にか息子くんも私も数学をする時間が好きになっています笑


時々、つまずく私に息子くんが解説をしてくれる姿をみて、

どっちが教えてるんよ?!笑 と娘ちゃんがつっこんでくる。


『 え?私は一緒にやって刺激を与えてるだけやで。 』 『 へぇ・・新しいな?!笑 』

なんて やり取りをしつつ、ふと、

これもある意味ホメオパシー的かな・・と思いました。


勉強をしない息子くんに 『 勉強しなさい 』 と言い続けても 逆効果だったけれど、

『 勉強嫌い同士が一緒に問題を解く 』 という形が息子くんには

思いがけず効果的でした。  しかも、

『 今日はこれやろか! 』 と 自ら取り組む姿勢が見られたり、

更に私に解説することで、自身の理解度も深まる上に自信もつく

というおまけまでついて(๑≧౪≦)

どこまで私がつきあえるか( ついていけるか ^^; )はわかりませんが、

可能な限り続けようと思います(^-^)

7/9 ホメオパシー入門講座開催します。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いします ↓

                クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~
スポンサーサイト

薬指の秘密

『 薬指の秘密 』

何やら意味深なタイトルですね(笑)

このタイトルからブログ読者の方が想像されたであろう事の中に
たぶん、正解の想像はないと思います。

まぁ、それはさておき。。

体っていうのは本当に本当に素晴らしく良くできているものなんだと、
改めて感動しました。

3日前あたりから、突然に右手薬指の付け根付近が痛み始めて、
何もしていない時でもジンジンと痛みを感じるし、水や自分の体温よりも
低いものを触ると痛みが走る。

なんでやろ?と思いつつ、結構気になる痛みなので
寝る前に薬指の付け根にアルニカクリームを塗ってみたけど、
翌朝も全く変化なし。

これは、筋肉痛や腱鞘炎の類ではないなと感じ、
内臓系からの何かのサインかも?と思って
『薬指の付け根 痛み』で検索してみたら、
結構、このワードで検索されているもんなんですね?!

Yahoo知恵袋で質問している人もわりといたし。

回答には腱鞘炎では?が多く、質問者も整骨院を受診したら腱鞘炎でした!
っていうのが多かったけど、
私の場合は腱鞘炎になるような思い当たることは皆無で、
どうも納得できなくて更に調べていくと、気になる文言が書いてあるのを見つけた。

『胸椎3番にかかわる体性内蔵反射・・』

クリックして詳しく読んでみると、
内蔵が疲れて調子が悪くなると起きる反射だそうで、
胸椎3番にかかわる体性内蔵反射の他の症状が更に10個箇条書きされていて、
そのうちの4つ、今、私が感じている症状であることにビックリしました!

薬指の痛みを入れたら半分当てはまってることになるよね?!

どれも軽い症状ではあるけど、
ふとした時に気になっていた症状群全部が
この、体性内蔵反射だったとは?!

そこで、今後私は何をしたら良いのかが まだいまいちわかっていないのだけど。。

胸椎3番ってことは鍼灸か整体かの、東洋医学の観点で
全体性を診てくれるところに行ってみる必要性があるのかな。。

あ~ぁ、あのYhoo知恵袋の人たち、腱鞘炎で片付けられちゃってるかも。。


それはさておき、

自分の生活の中で今すぐにでも絶対やめなあかんこと
と自覚しているのは、『異常に氷を食べてしまう』こと。。
家にいるときは1日中、食べていました。

1cm角の氷が48個作れる製氷皿で1日2回、朝晩のペースで氷を作るって
尋常じゃないですよね。。
真冬でもこのペースですから。

常にからだが、特に内蔵がめちゃくちゃ冷えているはず。。
わかっていたけど、やめられなかった。。

でも”薬指の秘密”がわかってから、氷断ちを始めました。
そして冷たい飲み物もやめて白湯を常にタンブラーに入れておいて
氷が食べたくなったら飲むようにしています。

心なしか痛みはマシになってきたような。。
何もしていない時に痛むことはなくなったけど、
水など、冷たいものを触るとまだ痛む。

少しこのまま様子をみながら良さげな鍼灸院などを探しておこう。
氷はまだ食べたくなる時があるけど、頑張ってガマンしています。

他に氷を異常に食べたくなる病気には貧血がありますが、
私も例外なく慢性貧血症です。

症状は決して無関係なことを示さないのですね。
必ず理由があって そこに症状を出しているのですね。
そして、それをキャッチして正しく修正されたら
自然に症状も消えていく。

わたしたちはなんて素晴らしいシステムをもっているのでしょう!!
この体性内蔵反射というシステムに気づき、体系化した人はもっと素晴らしい!!

まだまだ知らない自然法則がいっぱいあるんだな~。
それをもっと知って、もっともっと学びたいわぁ♪


セミナー情報・お問い合わせはこちらからどうぞ ↓
      
    クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~

大デトックス

久しぶりの更新になりました。

PCを開くこと自体、2週間ぶりくらいです。(iPhoneでメールチェックはしていましたが)


子供たちの新生活に伴い、家の中をあれこれ いじる必要があり、
この2週間、ずっとその作業に没頭していました。

押入れの中のものを一旦全部出すという、手ごわいことを始めて、
出してしまった以上、もう、やるっきゃないという状況に追い込まれ、
今、必要なもの、不要になったものを仕分けて収納する ということをしていました。


この作業をしていて思ったことが2つ。

『 家や部屋は自分自身である 』ということと、
『 慢性の状態から健康になっていくときに起きることと同じ 』ということ。


『 家や部屋は自分自身 』というのは、その人の在り方が家や部屋の状態に
そのまま現れているということ。

私の場合、一見、片付いているように見えるのだけど、
扉を開けると ごちゃごちゃ物が溢れていて、
いつか完璧な収納法を考えるまでの間、
とりあえずここに置いておく。 でも、
そのまま忘れて中途半端な状態のものがいっぱい
のパターンが多い。。

↑ これは、つくづく ほんまに 。。(>_<)


『 慢性の状態から健康になっていくときに起きることと同じ 』というのは、
動線を考えたら、やりにくい状態になっているのにそれに気づかずに(考えもせず)
そのままの状態で使い続けていたのだけど、あるキッカケでふとそれに気づき、
より良い動線を考えたことで動きがスムーズになり快適になったということが、
レメディを飲んで自己治癒力が活性化して身体機能の滞りが解消され、
正しく機能するようになって健康になる というのと似ているということ。


この、全部出す、必要・不要を仕分けた後、掃除して整理して収納するという行為は、
一種のセラピーですね。

自分ときちんと向き合ったような気持ちになります。

作業をしている途中から、不思議とナイスなひらめきが次々と降ってくるようになり
滞っていたエネルギーが流れだしたような気がします。

これからも何かの節目には、大胆に一掃していこう。

今回の勢いはまだまだ留まらず、来週から第2弾に突入します。


セミナー情報・お問い合わせはこちらからどうぞ ↓
      
    クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~

入学式で思ったこと

今日、息子の中学校入学式、おとといは娘の大学の入学式でした。

それぞれの卒業式から入学準備と自分のホメオパシー入門セミナー準備も加わり、
とても忙しかった春ですが、今日で一段落といったところです。

それぞれの入学式で思ったことについて。
まず娘の入学式で。。

朝、娘と大学の正門前に到着したら、
『 平成26年度 入学式 』のボード前で写真を撮る順番待ちの列が。

早めに着いたし、せっかくだから並ぼうかということで、その列の最後尾に着くと
高3の時に同じクラスだったお友達とそのお母さんがいました。

お友達母娘の順番がきたので、
『シャッター押しますよ?』 とお声がけしたら、
花粉症でマスクをしていたお母さんが
『私はマスクをしているので娘だけで・・』とおっしゃったけど、
『せっかくだし、サッとはずしてパッと撮ってサッと付けては?』( ← しつこい(^^;)
と言ってみたけど、
『マスクを外すとえらいことになるんで・・』とのことでした。 ( ↑ だって10分は並んだしさ?)

そのまま会場に入って保護者席もご一緒したのですが、
隣からスキューバダイビングのような鼻の音が聞こえて、とてもお辛そう。。

よっぽど『ホメオパシーって知ってる?』の名刺をお渡ししようかと思ったけど、
こういう時、なぜか躊躇してしまう。。

まぁこの時は、これから入学式が始まるという時だったから仕方なかったのだけど、
私に限らず同期生たちもよく、そう感じると話しています。

『この人にはホメオパシーが必要だ』と思う場面があっても、どうも言い出せないと。。


なぜか?


まず、『ホメオパシーとは』をサラっと一言で話せるものではないということと、
サラっと言ったところでスッと理解してもらいにくいということ
があるかな。。

そういうことから私は、自分の名刺を作るときにホメオパシーでできることについて
超簡潔に箇条書きで掲載し、ここぞという場面で『ホメオパシーって知ってる?』って
言いながら、この名刺を差し出し、一通り読んでもらい、何か質問を頂いたら
口頭で補足するという感じにするようにしてから、随分と切り出しやすくなりました。

が。。

今日の息子の入学式の時も、久しぶりにお話したお母さんから、
『お仕事はしてはるの?』と聞かれ、
『うん、まぁ。。ちょっと特殊で話せば長くなるから。。○○さんはお仕事は?』
なんてことになっちまいましたけども。。(笑)

これはホメオパスにとって克服すべき課題だな。。と、
つくづく痛感しました。

セミナーだけが啓蒙の場でなく、こんな日常の中でもホメオパシーのお話をしたり
普通に職業は『ホメオパス』ですと言えるようにしていきたいですね。。(*´▽`*)


セミナー情報・お問い合わせはこちらからどうぞ ↓
      
    クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~

祝 ☆ 卒業 Part 2

今日、息子が小学校を卒業しました。

今年は子供たち2人共がW卒入の年で忙しい春です。

6年間って、長いようだけど結構あっという間です。

うちの子供たちは6歳違いなので、
娘の小学校卒業と入れ替わりに息子が入学だったため、
私は通算12年間、小学校に通いつめたことになります。
これはさすがに長かったな(´д`)


育児の大変さはそれぞれにあると思いますが、
男の子には、女の子とはまた違う大変さがあるように思います。

娘の時にはなかった苦労がたくさんあって、悩んだことも多かったです。

でも、息子が3年生の時にホメオパシーに出会い、学んだことで
子育てに対する考え方が変わって、ずいぶん楽になりました。

問題に直面しても、必要以上に深刻に捉えなくなりましたし、
対処法があるということを知っているので、
先の見えないトンネルの中に居続けることもなくなりました。

ホメオパシーをよく知らない方には、この意味がよくわからないかもしれません。

ホメオパシーは身体的な病気や症状を改善させるだけのものではありません。

心の深いところにも作用し、エネルギーの滞りが解消されることで
本来のその人らしさを取り戻し、楽に生きていけるようになります。

このあたりについては簡単には説明できませんので、入門セミナーでお話したり、
折に触れてブログにも書いていきたいと思います。

3/29(土) 玄米食堂 すみれ さんにて入門セミナーを開催します。

セミナー情報・お問い合わせはこちらからどうぞ ↓
      
    クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~

Appendix

プロフィール

nagomi

Author:nagomi
クラシカルホメオパシー京都卒業

ホメオパシーのことを中心に、
ときどき日常を織り交ぜながら
思ったこと感じたことなどを
綴っていきたいと思います。

最新記事

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。