FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種のはなし

通っている学校の秋の特別セミナー 「予防接種の真実」 に行ってきました。
講師はルーマニア出身の医師ホメオパスのミハエラ先生で
WHOでの勤務経験もあり、世界の保健・予防接種事情に詳しい方です。

日本では予防接種を受けることに抵抗も疑問も感じない人が大多数ですよね。
私も数年前まではその一人でした。
でもインフルの予防接種に関しては疑問を感じていたので受けない派でしたけれど。


赤ちゃんの、生後4ヶ月頃から始まる怒涛の予防接種スケジュール。。
うちの子が赤ちゃんだった頃にはホメオパシーを知らないのはもちろんのこと、
自然派ママでもなく普通の母だったから、なんの疑問も感じずにすべてスケジュールどおりに
キッチリ受けました。

もっと早くにホメオパシー、予防接種についての正しい情報を知っていれば
受けないことを選択したと思います。

ワクチンには抗原だけではなく、さまざまな添加物が入っていてこれの方が問題であること、
その添加物には問題視されている化学物質や毒性の強い物質(発がん物質)が保存剤として
入っていること、動物由来のものが使われていること。。などなど。

予防接種となっている病気の中には自然にかかる確率がそれほどなさそうなものも入っていたり、
赤ちゃんに打つのも90Kgの大人に打つのも同じ量のワクチンが打たれること、
生後間もない小さな体に立て続けにそれだけの回数、有害物質も含まれるワクチンを
入れることへの危険性などなど。。

こういうことまで知らされた上で、受けるか受けないかを選択したかったです。

子宮頸がんワクチンについても、そもそも”ガン”自体をワクチンで予防することはできないこと、
予防接種の有効期間は5年間、子宮頸がんの原因とされているウィルス五十数種あるうちの
3種に対してしか有効でないことなどなど。。

有効性・危険性は試験管や動物実験での証明でしかなく、ヒトの体の中で何が起きているか?
についてまでは行われていないとのこと。

受けるメリットとデメリットを比較したら、どうなん予防接種?!って思うことがいっぱいです。


ミハエラ先生は、予防接種をすべて否定するのではなく
自分や家族にとっての(環境・状況)必要性を個々の予防接種ごとに考えること
自分の子供に何が一番良いかを考えた上で決めることが大事と言われていました。

ためしにワクチンの添加物について検索してみたら、
ほんまや。。ミハエラ先生から聞いたものがほとんどのワクチンに入ってました。

予防接種よりも一番肝心なのは、健康な免疫システムを作ること。
正しい生活(食事・睡眠・運動)をすることが一番良い予防です。
あとはホメオパシーを学ぶこと!とおっしゃていました^^

なぜならホメオパシーは自然法則に則っているからです!(←これは私の意見です)

帰りの電車の中でシンクロニシティーが!!

「平成24年1月施行の法律により、集団予防接種等が原因でB型肝炎ウィルスに感染された方に
国から給付金が支給されるのをご存知ですか?(症状により50~最大3600万円)」

って書かれてる法律事務所の広告がありました。
こういう被害もあるということなのですね。。

予防接種に限らず、自分の体に入れるものについて
もっと真剣に考える必要がある世の中です。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nagomi

Author:nagomi
クラシカルホメオパシー京都卒業

ホメオパシーのことを中心に、
ときどき日常を織り交ぜながら
思ったこと感じたことなどを
綴っていきたいと思います。

最新記事

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。