FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ViVa ! 自然治癒力

最近、自分の自然治癒力、すごいな!って感動します。

昨日のお昼過ぎから、なんとなく体に異変を感じていました。
夕方には、”なんとなく”から確実におかしいぞと感じて検温したら37.6℃。
やっぱりね・・と。

まぁ、この程度の発熱は大したことはないし、明日は特に予定もないし、
この程度なら早く寝たら大丈夫!と思って、レメディも摂らずに寝たら、
今朝には元気に復活していました(^-^)

風邪の初期のレメディとして有名なAcon.(アコナイト)を摂るなら、
なんとなく体の異変を感じたあたりなのでしょうけれど、
私は風邪の時に早めに対処しすぎないようにしています。

もちろん、明日はゆっくり休めない、予定があるという時には
レメディで対処しますが、特に何も予定がない時は
自然治癒力に任せるようにしています。

発熱をするということは、免疫系がちゃんと機能して処理をしてくれているのだから、
だったらその力を最大限に発揮できるよう、私は早く寝ることで協力するんで、後はよろしく!
って感じです(^-^)

そして翌朝、復活していると
『あぁ、からださん、ありがとう♡』って思います。


その昔、まだホメオパシーも知らず、自然派でもなく全くフツーの対処法をしていた頃、
負のスパイラルに陥ったことがあります。

初夏頃に突然、原因不明の39℃超えの発熱をしたので病院に行き
念のため血液検査をしたところ、白血球の数値が超異常値となっていて、
正常値が4000~8000のところ、1400という数値で、
医師は二次感染防止のために入院を検討したけれど、
なんとか外来でいってみましょうとのことで、
抗生剤の点滴に毎日通い、飲み薬としても抗生剤が大量に処方されました。

この時の通常の対処法としては、それで良かったのでしょうけれど、
私の体内の生態系はそこから大きく乱れたのでしょう。

それからの数年間は、次から次へといろんな症状を引き起こすようになり、
そのたびに、病院へ行く を繰り返し、
挙げ句の果てには帯状疱疹になってしまいました。

帯状疱疹は、水ぼうそうに罹ったことがある人は
水ぼうそうウイルスが体内の神経節に潜伏していて、
体の免疫力が下がった時にウイルスの活動が再び活発になって、
神経の流れに沿った部分の皮膚に赤い発疹が現れるというものです。
発疹の内側から針で刺されるような激痛が断続的に続いて夜も眠れず
心身共に疲れ果てるという、とても辛いものです。

私があの時 帯状疱疹になったのは、抗生剤を乱用し続けた結果、
免疫力が急激に低下したことで発症したのだろうと思っています。

そのあたりから、『私って、こんなに体弱かったっけ?昔は医者知らずだったのに』と
思うようになり、そこから、あれこれ調べたり本を読むうちに今に至ったというわけです。


一旦は、乱れに乱れたバイタルフォースも、自然法則に沿ったケアをするうちに
またこうして、一晩寝るだけで復活できるようになるなんて、
なんて素晴らしい!って感動します。

『自分で治せる力が備わっている』とは、よく聞くけれど
自分の体で実感したら、よーくわかります。

普段から、自分に備わっている力を”育てる”ことを心がけたいですね(^-^)


クラシカルホメオパシー ~和み nagomi ~
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nagomi

Author:nagomi
クラシカルホメオパシー京都卒業

ホメオパシーのことを中心に、
ときどき日常を織り交ぜながら
思ったこと感じたことなどを
綴っていきたいと思います。

最新記事

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。